ペットショップの仕事内容とは?仕事内容や、向いている人、実際の1日の過ごし方など解説

この記事のまとめ

ペットショップに就職をしたい、働いてみたい、そう考えている人も多いのではないでしょうか。

ペットショップという業種、その仕事内容、1日の仕事内容がどのようになっているか、向いている人と向いていない人、実際に知られていない厳しい面などの解説です。

目次

ペットショップとは?

ペットショップとは

ペットショップに行くと可愛い子犬や子猫が愛らしい動きを見せてくれるので、単にペットを購入する場所だけではなく、犬好きや猫好きの人には癒やされる光景が広がっている場所ともいえます。

新しい家族を待ち、迎え入れる家庭への縁を結ぶ素晴らしい仕事内容と感じ、その仕事をしてみたいと感じる人も少なくはないでしょう。

資金の目途があり、開業を考える人もいるのではないでしょうか。

ペットショップは犬や猫だけでなく、店舗によっては小鳥や魚、げっ歯類なども扱うので、毎日動物の世話をして、販売する仕事です。

生きている動物への責任を伴う仕事ですが、動物が好きなら十分にやっていける仕事だと考えてしまうかもしれません。

ペットショップを運営するうえで、1日の流れや店内スタッフのすることなど、ペットショップの仕事内容を解説します。

ペットショップとは犬や猫、店舗によっては鳥や魚などのペットを販売している店舗です。

ペットショップの仕事内容とは?

ペットショップ 仕事内容

ペットショップにいる動物の種類により、仕事内容は多岐にわたります。

仕事内容の例
  • ペットの健康管理
  • 店内の清掃
  • 商品販売
  • 商品管理(仕入れ・品出し)
  • ペットの散歩
  • ケージや水槽の清掃
  • ペットの給餌
  • 事務作業

生きた犬や猫、小鳥や魚、げっ歯類などを扱うため、専門知識が必要になります。

犬や猫の種類、月齢や年齢、体質や疾患によるフードやサプリの選び方を相談された場合、スムーズに答えられるようになっておきたいところです。

例えば首輪やリード、ハーネスの強度や適応性、犬猫を連れ歩くキャリーの大きさや使い道なども知っておかなければならないでしょう。

単に犬や猫が好きというだけでは、なかなか務まらないのがペットショップの仕事です。

また、あくまで犬も猫も生きている動物であるため、綺麗な状態で手がかからず店内で生活しているわけではありません。

トリミングルームを併設しているペットショップもあり、トリマー資格を持っているとトリミングスタッフとして採用されることもあり、それもペットショップで働く方法のひとつです。

具体的に、どのような仕事内容か紹介していきます。

店長の仕事内容

ペットショップ 店長 経営者 仕事

開業した店長も、雇用されている店長も同様で、スタッフ管理は大きな仕事内容です。

採用や勤務シフトの調整という人事面は、スタッフと直接顔を合わせる店長の役割です。

スタッフがスムーズに仕事をできるようにしたり、人員不足に陥らないようにするためには、この仕事を欠かすことはできません。

人事面以外にも、店長は下記の業務を担当する必要があります。

店長の業務
  • 責任者としての問い合わせへの返答
  • ペット全体の健康管理
  • 仕入の最終確認
  • 本部や本店とのコミュニケーション
  • 経理や会計

ペットショップは犬や猫を主とした生きている動物を売る業種です。

そういった動物を健康な状態で顧客に販売し、不明点を質問されたときにアフターサービス、アフターケアができることも高度で専門的な知識が必要とされる重大な仕事です。

スタッフの仕事内容

ペットショップ スタッフ 仕事

犬の場合には、食糞をする犬がいたり臭いがこもってしまったりするため、ケージにいる犬が排便や排尿をするたびにスタッフはそれを片づけて清掃し、常にケージの清潔に気を配らなければなりません。

特にショップにいる間に食糞の癖がついてしまうと、飼い主が見つかって新しい家庭に行ってもなかなか直らないものです。

ケージの床はショップにより環境が違い、ペットシーツを敷いているところもあり、むき出しで都度拭き掃除をする必要があるところもあります。

また給餌は子犬や子猫の月齢によってエサの柔らかさやエサの回数が違うので、成長に合わせて回数や柔らかさを調整して与えなければなりません。

そのうえ体がまだ成熟しきっておらず、体力も少ないため一食でも忘れてしまうと命の危機にさらされます。

子犬や子猫にはこういった難しい健康管理を必要とするため、スタッフ同士での連携能力が必須ですし、もし一人で行うなら入念な管理を要する仕事です。

商品を仕入れ、品出しをして販売することはとても簡単に思えますが、専門的な質問を顧客からされることもあるので、それに答えられるよう勉強しておくことも大切です。

例えばペットフードであればフードの原材料や成分はさまざまです。

肉や魚、野菜だけではなく、サプリに使われる成分まであり、飼っている犬や猫に対して安全なのかどうか、質問されることもあります。

「子犬用のフードを成犬に与えていいのか」や「オールステージと呼ばれる全年齢用のフードを離乳食として与えていいのか」といった高度な質問をされることもあり、スタッフでは答えられないようなケースも出てきます。

もちろん犬や猫の個体により断言できないものもあるため無責任な返答は避けるべきですが、一般的なことを何も答えられないスタッフでは顧客も困ります。

できれば犬や猫に関わる資格を取得しておくと良いでしょう。

専門学校に行かなくても、愛玩動物飼養管理士などテキストだけで勉強できるペットケアの資格があります。

こういう勉強をしておくことで、犬や猫の基本的な疾患や、成長に合わせて変わっていくケアや栄養など、ペットショップスタッフとしての基本的な知識を得ることができるため、スタッフを目指すなら視野にいれておくのも良いでしょう。

また接客スタッフ以外にもトリミングルームがあるペットショップでは、積極的にトリマーを募集しています。

これは資格を持っていなければできない仕事で、「トリマーを一度やってみたい」といった軽い気持ちでは務まりません。

トリマー資格を持っていて、一度もその仕事をしたことがなく、できればペットに関わる他の仕事もしてみたいと考えている場合には、ペットショップに併設されているトリミングルームで一度勤務経験を積んでおくのも一つの手段です。

バイトの仕事内容

ペットショップ バイト アルバイト 仕事

スタッフの中でも、社員ではないバイトの場合には、店長や社員の指示を受けてその仕事をサポートするのが業務の大半を占めます。

具体的には動物の管理以外に下記のような業務を任されます。

バイトの主な業務
  • ペットケージ内の清掃
  • 店舗内の清掃
  • 電話受付
  • 来客対応
  • レジの会計

メインとしてショップの仕事をしたり、会計経理作業や仕入れをひとりで担当したりすることは、ほとんどありません。

ただ個人で経営しているため社員を雇っていないショップや、社員はいるものの社員が足りていないショップの場合は、この限りではありません。

そういったショップの場合は上記の業務以外にも、補充のためにバイトを探していて、それでも同等スキルのスタッフがほしいと考えているショップもあり、バイトでも好待遇であったり、責任ある仕事をしてほしいと考えるケースも時折見られます。

そのペットショップの事情や判断で、社員を雇用せずにバイトだけを採用して、そのバイトが店舗を運営できるようなメインスタッフとして働いてほしいという場合もあります。

そういった場合は動物の管理や仕入れなど、ショップ運営のコアに関わる責任の重大な業務を任せてもらえるかもしれません。

そういった業務をバイトに任せる際は店舗側が任せることができるように、ある程度の経験やスキル、意欲を持つバイトを募集することが多いです。

とはいえバイトであれば、労働基準法により1週間当たりの労働時間に制限があります。例えば雇用保険に加入しなくてもよいように週に20時間未満のシフトとなることが多いため、社員や店長が行うような業務を全て担当することはレアケースでしょう。

実際、責任ある仕事内容を任されるとしても、複数のバイトスタッフに業務を振り分け、週の労働時間を超過しないように調整しながら業務を任せることになるでしょう。

もし犬や猫という生きている動物により長く、そしてより深く関わりたいのであれば、まずバイトで経験を積み、社員としてより幅広く責任の大きい仕事をこなしていくことが理想的です。

店長は店舗の管理や運営といった店舗全体の業務がメインです。社員はペットや商品の管理業務が主な仕事に内容になります。アルバイトは清掃や接客など、実際の販売に携わることが多いです。

ペットショップはいつが忙しい?

ペットショップ 忙しい 繁忙期

他の業種や業界と同じように、ペットショップにも忙しいタイミングとそうでないタイミングがあります。

そこでここでは、まずペットショップが忙しくなる代表的なタイミングを3つご紹介します。

まず曜日に焦点を当てるならば、土日祝日といった休日はどうしても忙しくなる傾向にあります。

というのも休日にはペットを飼うことを検討していたり、あるいはただ単に動物を見たいと思っていたりするお客さんが多く来るため、結果的に平日よりも人手が必要になるからです。

もちろん実際にペットを買いに来る人が必ずしも休日に来るという訳ではないですし、ペット用品がなくなってしまって平日に買いに来る人もいます。

しかし、まとまった時間がとれる休日にゆっくりペットを見に来る人は多いので、休日に来客数が多くなるのは当然と言えるでしょう。

次に通常業務の中で忙しくなるタイミングは、ペットの給餌時間です。

子犬や子猫など、まだ成長しきっていない個体には1日4回の給餌を行う必要があります。

それに加えて給餌の時間は個体ごとに分かれているため、エサを一斉にふやかして柔らかくして一度にすべてエサを作りきることもできません。

そのうえ食事のたびにケージの温度を調整したり、食器を洗ったり、排便を確認してペットに異常がないかをチェックしたりしなければならないので、エサをやる前後の時間は特に忙しくなります。

最後に、新しいペット用品が出るのも仕事量が多くなるひとつの要因です。

新商品が出るたびに仕入れる量を検討したり、商品を陳列する場所を考えたり、その商品を宣伝するチラシやポスターを作成したりしなければなりません。

このようにペットやその管理以外にも、ペット関連商品の管理といったサブ的な仕事も行わなければなりません。

ペットショップは休日給餌時間新商品がリリースされる時期に忙しくなります。

実際の1日の過ごし方は?

ペットショップ 一日 流れ

ペットショップをオープンする前に、まずはそれぞれのペットの健康確認からスタートします。

動物の皮膚や歩き方を観察し、場合によっては検温を行ったうえで「ショップに出して良い状態か」や「病気の可能性はないか」を判断します。

次に展示用ケージの清掃と除菌を行います。

それから展示用ケージに犬や猫を移動させてエサを与えて、来客に顔合わせができるようにします。

その後、展示用ケージに移動させる前にペットがいたバックヤードのケージの清掃と除菌をします。

開店までにこれらの準備を行わなければならないため、浅谷伯に出勤する必要があり、非常にハードです。

開店から夕方までは来客応対をしながら、月齢に応じて1日3回から4回の給餌をしたり、ケージ内や店内の清掃や品出しを行います。

余談ですが18時頃に最終の給餌を行うのが一般的です。

そして19時から20時にはペットをバックヤードのケージに移して、閉店準備を行います。

ペットの展示のために営業開始前から準備を行う必要があり、ケージの衛生管理などをしてペットショップ店員の一日は終わります。

まとめ

ペットショップ

ペットショップには可愛い犬や猫がいます。

しかしその裏ではペットショップの動物が健康でいられるように、動物を綿密に管理したりこまめに清掃をしたりするスタッフがいます。

ペットショップを開業したい方やスタッフになりたい方は、まず1日の仕事内容と流れをきちんと抑え、予め資格を取得して必要な知識を身に着けると、いざ仕事を始めたときの理想と現実のギャップに悩まされることなく仕事に集中することができます。

また開業を考えている方の中で従業員を雇う余裕があるのであれば、社員として雇うのか、それともアルバイトとして雇うのかといった雇用形態についても十分検討しておきましょう。

他方でスタッフとして働きたいのであれば犬や猫などメジャーな動物を専門としたペットショップか多種多様なペットがいる店舗にするかを決めておけば、「どのような知識を習得しておく必要があるのか」といった目星がつけやすくなります。

他方で例えば犬や猫の中でもどのような犬種や猫種が人気であるのかは、その時のブームによって大きく変わります。

そして大きくなったりブームが去ってしまったりして売れ残ってしまった犬や猫が、家庭に暖かく迎え入れられる可能性が極端に減ってしまうというのは一つの事実です。

こういった残酷な現実に対してしっかり向き合うことができる覚悟が、ペットショップで仕事をする際に必要なスキルです。

ただ可愛い犬や猫と触れ合い、その世話ができるという仕事だけではありません。

そのことを理解した上で、責任を持って仕事ができる人に向いているのがペットショップの仕事といえるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次