ペットホテルとはどんなところ?料金やサービス内容について解説

この記事のまとめ

ペットを飼っている人なら一度は聞いたことがあるペットホテル。

しかしペットホテルは単にペットを預けることができる施設ではありません。

そこでこの記事では「どのようなサービスを受けることができるのか」や「どのような種類のペットホテルがあるのか」について紹介していきます。

目次

ペットホテルとは?

ペットホテルとは ペットホテル 概要

ペットホテルとは、一言でいうと「ペットを預かってくれる施設」のことです。

例えば出張や旅行などで、ペットの世話ができないときに利用されます。

そのため、数時間~数日のみの短期コースもあれば、1週間~数か月といった長期コースもあります。

また出張や旅行に行くのに電車や飛行機を使いますので、例えば新宿駅や梅田駅などの大きな駅や、空港の中にペットホテルが運営されている場合があります。

預けることができる動物は、犬や猫以外に兎や鳥等を預かってくれる所もあります。

ペットホテルの運営形態

さらに運営形態に関して言えば実は他の施設と併設している店舗もあります。

例えばペットショップや動物病院、しつけ教室に併設されている店舗もあります。

そのため、どういった施設に併設されているかによって、受けられるサービスにも特色が出てきます。

そのため具体的なサービスに関しては第2章で詳しくご紹介します。

このように、ペットホテルには施設によって下記の要素が異なります。

施設ごとによって異なる要素
  • 預かってくれる期間
  • ホテルの場所
  • 預かってくれる動物
  • 運営形態

しかし、どの施設でも「ペットを預けることができる」というのは共通していますので、目的やペットの性格に合った施設を選びましょう。

ここからはより適したペットホテルを選べるように、

  • ペットホテルの種類
  • サービス
  • 料金

について紹介していきます。

ちなみにですが下記の記事では運営する側の目線でペットホテルについて解説していますので、併せて読むことでより理解が深まります。

あわせて読みたい
ペットホテルを開業するなら!必要な資格や資金、ペットホテルへの集客や手続きとは? この記事のまとめ ペットホテルの開業に興味がある方や開業を検討している方に向けて、ペットホテルの開業・運営に必要なものや運営する上で重要なことについて紹介しま...

ペットホテルとは、ペットの一時預かりしてくれる施設です。

ペットホテルの種類とは?

ペットホテル 種類

先述した通り、ペットホテルの運営形態には様々なものがあります。

そしてその運営形態によってペットホテルの特徴が異なります。

そこで今回は代表的な3種類のペットホテルの特徴やメリット・デメリットについて紹介していきます。

代表的なペットホテル
  • ペットホテル専門店
  • 動物病院併設型
  • トリミングサロン併設型

ペットホテル専門店

ペットホテル専門店とは、動物病院やトリミングサロンなどの他の施設と併設されずに、独立した形でペットホテルのみを運営している形態のことを指します。

なおメリット・デメリットは下記のとおりです。

メリット
  • 丁寧な管理
  • 突然の体調不良にも迅速に対応
  • スタッフからのこまめな連絡
  • 散歩や食事などの希望が通りやすい
  • ドッグラン等で、他の犬との交流を通して社会性が育まれる
デメリット
  • 犬同士のトラブルの可能性がある
  • 感染症のリスクが僅かながらも存在する
  • 料金が高い

動物病院併設型

動物病院併設型とは、その名の通り、動物病院に付設されているペットホテルのことです。

なおメリット・デメリットは下記のとおりです。

メリット
  • 病気やけがに対して獣医が対応してくれる
  • 健康リスクのあるペットを預けられる
デメリット
  • 動物の管理に割かれる時間は少ない
  • ドッグランを設けているところは少ない

トリミングサロン併設型

トリミングサロン併設型は、トリミングサロンの中や横にペットホテルが運営されている形態です。

なおメリット・デメリットは下記のとおりです。

メリット
  • トリミングサロンのサービスを受けられる
デメリット
  • 動物の管理に割かれる時間は少ない
  • ドッグランを設けているところは少ない

ペットホテルには「ペットホテル専門店」、「動物病院併設型」、「トリミングサロン併設型」があります。

ペットホテルのサービスや料金は?

ペットホテル サービス 料金

運営する形態は多種多様ですが、サービスや料金に関しても店舗によって様々です。

ここでは多くのホテルで提供される、一般的なサービスと料金の相場について解説していきます。

ペットホテルのサービスについて

 まずはペットホテルで受けられる代表的なサービスを4つ紹介します。

  • 散歩
  • ドッグラン
  • スタッフによる報告
  • 24時間自分のペットをチェックできるライブカメラ

ひとつめは散歩です。

特に犬を預けた場合に散歩サービスを行ってくれるペットホテルがあります。

中には散歩の時間や回数を指定することができるホテルもあるので、普段のリズムで散歩できます。

次にドッグランですが、これはペットホテル専門店で提供されることが多いサービスです。

ケージの中ではなく、解放されたスペースで自由に動き回ることができるので、ペットのストレスを軽減させることができます。

また数日以上ペットを預ける場合は、スタッフによるペットの報告サービスも非常にありがたいものになります。

というのもその日のペットの様子を写真付きで報告されるので、「自分のペットは健康か」や「しっかり管理されているか」といった心配事がなくなるからです。

これと同じようなサービスとして、24時間リアルタイムでペットの様子が分かる、ビデオ配信があります。

休憩時間や移動時間など自分のタイミングでペットの様子を確認することができるので、非常に便利なサービスです。

他にも様々なサービスがありますが、ペットホテルによって提供されているものは、勿論異なりますので、電話やwebサイトから調べてみましょう。

ペットホテルの料金について

料金は動物の種類によって変わります。

また犬の場合は、その大きさによっても料金が大きく異なります。

一方で2匹以上預ける場合は1匹だけ預けるよりも安い追加料金で預けることができます。

そこで下記におおよその相場を掲載しますので、「自分のペットだとどれくらいの料金なのか」を確認してみてください。

基本料金(1時間当たり)2匹目以降の通常料金(1時間当たり)
小型犬1,600円1,300円
中型犬2,400円2,100円
大型犬3,200円2,900円
1,400円1,100円

ペットホテルではペット向けのサービスと飼い主向けのサービスがあります。また利用料金はペットの種類やサイズによって異なります。

ペットホテルを利用する際のポイントとは?

ペットホテル ポイント 注意点

最後にペットホテルを利用する際に、どういった点に注意しなければならないのかを解説していきます。

まずは感染症対策です。

ペットホテルでは他のペットと一緒に過ごすため、どうしても接触は避けられません。

そこで心配になるのが感染症です。

感染症からペットを守るためにも必ず下記の対策は行いましょう。

また店舗側からもこういったワクチンの接種証明書を求められる場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

また自分の大切なペットを預けるわけですから、その店舗の下見は必須です。

特に出張や海外旅行などで数日以上預ける場合は、その分ペットホテルで過ごす時間が長くなるので、より重要になってきます。

衛生面やスタッフの応対などに注目しましょう。

また第一種動物取扱業の標識があるかどうかも確認しましょう。

「管理が不適切だ」と行政から指導が入った場合は、この標識は取り消されます。

そのため第一種動物取扱業の標識の有無は重要なチェックポイントになります。

ペットを預ける際は感染症や管理体制を中心に注意しましょう。

まとめ

まとめ

自分の仕事やプライベートがある以上、どうしてもペットに24時間付きっきりという訳にはいきません。

そのため飼い主にとってはペットホテルというサービスは非常にありがたいものになります。

ペットホテルの種類も多種多様ですし、店舗によって受けられるサービスも異なりますので、目的やペットの性格に合ったホテルを探しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次