ペットホテルとは?犬や猫、ハムスターを預ける際の注意点や料金なども記載!

この記事のまとめ

ペットとの暮らしは人生を豊かにしてくれますが、ときに短期・長期でペットのお世話をできなくなる
こともあるでしょう。

そんなときの選択肢の一つとしてペットホテルがあります。


今回はペットホテルを選ぶ際のポイントや、預ける前の準備など、ペットホテルにまつわることを解説
します。

目次

ペットホテルとは

ペットホテル 猫 宿泊

ペットホテルとは、その名の通りペットのための宿泊施設です。

急な出張や海外旅行など、家を空けなければいけなかったり、代わりに面倒を見てくれる人が
見つからなかったりした場合に利用されることが多いでしょう。

ホテルには、日帰りプランから2日以上の長期プランまであり、料金やサービスはホテルにより異なります。

ホテルの利用ができるペットは基本的には犬猫ですが、ウサギなどの小動物を預かってくれるホテルも
あります。

ペットホテルとは様々な動物を短期・長期で預かってくれる施設です。

ペットホテルの種類

ペット チワワ ペットホテル

動物病院に併設されているペットホテル

動物病院に併設されているペットホテルは、体調不良の場合、すぐに獣医師さんに対応してもらえることが
最大のメリットです。

普段診てもらっている獣医師さんであれば、より安心して預けられるでしょう。

しかし、動物病院に併設されているペットホテルは、大抵ケージで預かる場合が多く、1日中、もしくは
1日の大半をケージ内で過ごすことになります。

ホテルがメインのサービスではないため、あまり構ってもらえる時間もなく、犬の散歩も排泄のためだけの短いものであることが多いようです。

動物病院のペットホテルは、患畜のみを受け入れるところがほとんどなのも注意点です。

ペットサロンが経営するペットホテル

ペットサロンが経営しているペットホテルは、ケージの大きさが選べたり、ケージフリーで自由に過ごせる
プランがあったりと預ける条件を選べることが多いです。

ペットがより快適に過ごせる点がペットサロンのホテルのメリットといえます。

デメリットとしては、体調不良のときでも対応してもらえないことです。

また散歩が別料金の場合があるため、確認しておきましょう。

犬の保育園・幼稚園のホテルサービス

子犬の社会化やしつけ教室としての施設でドッグトレーナーが常駐しています。

日中のお預かりが多いですが、お泊りプランがあるところもあります。

その場合には夜間もトレーナーがいるかどうか確認しておくといいでしょう。

基本的にはクレートでの預かりですが、犬同士の相性を見て遊ばせたり、散歩に行ったりする時間があります。

犬同士のコミュニケーションを学ぶことができ、トレーナーさんにしつけの相談もすることができます。

代表的なペットホテルには3つの種類があり、「動物病院に併設されているペットホテル」、「ペットサロンが経営するペットホテル」、「犬の保育園・幼稚園のホテルサービス」が
あります。

ペットホテルの料金やサービス内容は?

ペット ホテル チワワ

ペットホテルに宿泊するにあたって、1泊あたりの料金やどんなサービスがあるのかは把握しておきたい
ですよね。

1泊の平均的な宿泊料は猫が3240円、うさぎが2160円、犬はサイズごとに価格が違い、小型犬が3240円、
中型犬が4320円、大型犬が5400円程が相場です。

動物ごとの1泊の平均料金
  • 小型犬:3,240円
  • 中型犬:4,320円
  • 大型犬:5,400円
  • 猫:3,240円
  • うさぎ:2,160円

また宿泊以外にペットホテルのサービスとして「爪切り」「散歩」「報告メール」などが無料で受けられます。

散歩は1日2回ほど連れて行ってくれますよ。

「トリミング」はサロンが経営しているペットホテルでのみ受けることができる有料サービスです。

他には動物病院が経営しているホテルであれば、緊急の時の診察をすぐに受けることができます。

具体的なサービス内容
  • 宿泊
  • 爪切り
  • 散歩
  • 報告メール
  • トリミング

費用はペットのサイズ動物によって異なり、サービスの内容はホテル有料・無料
よって変わります。

ペットホテルのチェックポイント

チェック 注意点 ペットホテル

実際に見学に行く

大切なペットを預けるところなので、信頼できるところかどうかよくチェックしましょう。

インターネット上の口コミやホームページだけでなく、自分で実際に行ってみて確認するようにしてください。

インターネット上の口コミはサクラの場合も多いので、実際に使ったことがある人の評価を聞くことができるとよりいいでしょう。

清潔かどうか

ペットホテルはいろいろな動物が出入りする場所です。

清潔に十分気を配っているかどうかは大切なポイントです。

「臭いはしないか」「ケージなどは清潔か」「排泄物などが放置されていないか」など、自分の目で確認できるといいでしょう。

ケージ or フリー

ペットがいる場所が「ケージなのか」「フリーで過ごせる場所があるのか」確認しましょう。

ペットサロンのホテルはケージフリーのプランが選べるところもありますし、ケージでのお預かりでもフリーの時間があるなどさまざまです。

散歩はしてもらえるかどうか

犬は散歩が必要ですが、散歩をしてくれるのかオプションなのか、散歩の長さはどの程度なのか
確認しましょう。

病気になったときの対応はどうか

ペットホテルは自宅とは異なる環境のため、食欲がなくなったり下痢を発症したりと体調不良になることも
考えられます。

いざとなった時にしっかりと対応してもらえるかも確認しましょう。

ペットホテルを探す際は実際に施設を見学し、「施設の清潔さ」や「宿泊期間にペットが
過ごす場所」、「散歩をしてくれるか」、「緊急時の対応」を確認する必要があります。

ペットホテルに泊まる前に必要な準備とは?

ペット 準備 宿泊

ワクチン接種をする

狂犬病以外の任意のワクチンもしておきましょう。

ワクチン接種をしていないと預かってもらえないことがあります。

また、多くの動物と同じ空間にいることになるので、ワクチンをしていることがペットの健康を守ることにも
なります。

ノミ・ダニ予防

ノミ・ダニ予防も義務付けられているペットホテルは多いです。

予防をしておらず、万が一、寄生されていて他のペットに移すことになれば大変です。

ノミやダニはペットの健康に有害のため、特に外に出る機会の多い犬は普段から予防を心がけましょう。

ダニに寄生されることで、血を吸われたり炎症を起こしたりする以外に、貧血や犬バベシア症などの病気を発症するリスクもあります。

ハウストレーニング

ペットホテルでは完全フリーのプラン以外ではケージで過ごす時間が長いことが考えられます。

ケージで過ごすことに慣れていないとストレスになる恐れがあります。

普段から犬はハウストレーニングをし、猫はケージに毛布をかけておくことで、抵抗がないように
しておきましょう。

留守番の練習

飼い主さんと離れることに強いストレスを感じると、ペットホテルで体調不良を起こすかもしれません。

普段から留守番に慣れさせておき、飼い主さんが必ず帰ってくることも理解させておきましょう。

短期間でお試し

初めてのペットホテルがいきなり長期間では、ペットの負担は大きくなります。

問題なくペットホテルで過ごせるかどうか、ペットホテルの対応は適切か、まずは短い期間の利用でお試して
練習しておくと安心です。

迷子防止

万が一のときのために「首輪に名札を付けておく」「マイクロチップを装着する」などの対策をしておくとより安心です。

脱走により行方不明になるリスクはゼロではありません。

ペットホテルに預ける前は、「ワクチン接種」や「ノミ・ダニの予防」、
ハウストレーニング」、「留守番練習」、「短期間利用」、「迷子防止」などの準備が必須です。

犬や猫以外にも、ハムスターなどもペットホテルに預けることができるの?

ペット ホテル ハムスター

犬や猫だけではなく、うさぎやハムスター、モルモットなどの小動物を預かってくれるペットホテルも
あります。

しかし、数は少ないですため、予め余裕をもって探しておきましょう。

小動物や鳥をペットホテルに預けるときは、ケージごと持って行って預けることが多いです。

事前にどのようにして預けるのか、料金はいくらかなどホテルによって様々ですので必ず確認するように
しましょう。

ペットホテルの中には犬や猫以外のペットを預かってくれるところもあります。

まとめ

ペットホテルとは、ペットのための宿泊施設のことをいいます。

ペットホテル以外にも動物病院やサロンでも預かってもらえますが、それぞれメリット・デメリットがある
のでそれぞれの特徴を吟味し、ペットのストレスにならないよう、事前にしっかり準備しましょう。

またペットホテルでのトラブルをときどきに耳にします。

脱走や体調不良になった際の対応の仕方など、深刻なトラブルがないとは断言できません。

そうしたトラブルを避けるために、聞きづらいこともあるかもしれませんが、預け先を選ぶ際は大切なペットを預ける以上、必ず気になったことはすべて確認しましょう。

常識のあるペットホテルであれば、飼い主さんの疑問には誠意をもって答えてくれます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次