ペットホテルを開業するなら!必要な資格や資金、ペットホテルへの集客や手続きとは?

この記事のまとめ

ペットホテルの開業に興味がある方や開業を検討している方に向けて、ペットホテルの開業・運営に必要なものや運営する上で重要なことについて紹介します。

目次

ペットホテルとは?

犬 ペット ペットホテル

ペットホテルとは、飼い主が不在の際にペットを預かる施設のことを指します。

ペットオーナーが家を留守にして、ペットの世話を出来る人がいなくなってしまう際にペットホテルは利用
されます。

1日のみや1週間など、利用期間を自由に指定することができます。

急な出張が発生した際でも即日で利用することができるので、非常に便利なサービスです。

つまりペットホテルはオーナーが長期間家を留守にする際に安心してペットを預けることができる施設です。

ペットホテルとは、飼い主が長期的な外出でペットの世話を見ることができない際に
一時的にペットを預けることができる施設です。

ペットホテルの開業に必要なものとは?

ペットホテル 必要 準備

ペットホテルの開業に必要なものはまず、動物取扱業の登録の他に、動物取扱責任者の資格が必要です。

また資格や登録などの行政上の手続きの他に、開業資金やペットホテルを開業する場所も必要です。

特に「どこで開業するのか」に関しては、複数のペットを預かれるほどの広いスペースや、ペットの鳴き声が
迷惑にならない場所で開業する必要があります。

住宅街やマンションの知覚だと騒音等で近所の住民に迷惑をかけることになります。

そのため開業する際の場所選びは慎重に行う必要があります。

そのほかにも檻や餌といったペットを預かったり世話をしていく上で必要な備品や、ペットトリマーなどペットを管理できる資格を保持している人などの人材も必要となります。

特に経験のある人材がいれば運営をよりスムーズに進めることができます。

ペットホテルを開業するためには、行政上の手続きペットホテルを開業する土地備品開業資金が必要です。

ペットホテルはどこで運営できるの?

ペットホテル 立地 場所

当たり前のことではありますがペットホテルはニーズのある場所で開業することが重要です。

「ペットを預けたい場所」または「ペットを預けやすい場所」として有力なのが空港周辺や駅前です。

その他にもショッピングモール,アウトレットモールなど人が集中する場所や駐車場を完備している施設
などでもペットを預けたいという需要は高く、ペットホテルがより繁盛するでしょう。

交通施設人が集中する施設でのペットホテル運営がおすすめです。

ペットホテルを開業する際の注意点は?

ペットホテル 開業 注意点

ペットホテルを開業する際の注意点は「どこにホテルを開業するのか」という点に集約されます。

というのも開業する際に「どこにホテルを構えるか」が集客に大きく影響を与えるからです。

立地による利用客の足の運びやすさは将来的な運営にも影響します。

ペットホテルの開業は、需要のある場所で開業し、安定的な運営を目指しましょう。

さらに開業する場所を選ぶ際は騒音など近隣住民への影響にも注意が必要です。

そのためショッピングモールやアウトレットモールなど、ペットの鳴き声がそれほど気にならない場所も出店
する候補の 1つに挙がります。

またペットの鳴き声だけでなく、ペットから発生する臭いにも注意する必要があります。

アパートやマンションで開業を行う場合は周辺の住民からのクレームがないように配慮して場所選びを
しましょう。

集客のしやすさや近隣住民への配慮を踏まえた場所選びが重要です。

ペットホテルはどのように集客する?

ペットホテル 集客 猫

ペットホテルへの集客施策は様々なものがあります。

例えばチラシを配ったり、TVCMを流したりなど、多くの広告施策が考えられます。

そこでここでは、様々な宣伝方法がある中でペットホテルに適している代表的な方法を4つ紹介します。

webサイト

ペットホテルの開業に欠かせないのが公式ホームページです。

というのも店舗概要やサービス内容を明記することで、利用客の信用を獲得したりペットホテルを利用しようとしている見込客への認知度を増やすことができたりし、集客により繋がるからです。

またwebサイトから問い合わせたり、予約ができたりするのでダイレクトに利用客の増加に繋がります。

そのほかにも料金を明記しておくことで、安心してホテルを利用してもらうことができます。

SNS(Twitter・Instagram・Youtube)

SNSにて、広告やサービス内容を定期的に発信することで、新規の顧客獲得に繋げることが可能です。

代表的なSNSとしてTwitter、Instagram、Youtubeの3つが挙げられます。

それぞれの特徴を生かした上で複数のSNSで情報を発信することで、多くのペットオーナーに自分の
ペットホテルの存在や、サービスの内容を宣伝することができます。

例えばInstagramやYoutubeで映像や画像を活用することで、ペットホテルを利用したことがない人に対して、
より具体的にイメージできるようにサービス内容を紹介することができます。

もちろんペットホテルを利用したことがある人にも、キャンペーン情報をよりインパクトのある形で
告知することができ、効果的な集客を行えます。

また「どういった際にペットホテルを活用できるのか」といった活用事例をSNSなどで発信することも
宣伝方法の一つの手です。

どのようなシーンでペットホテルを利用すると良いのかを、実際の事例を基に紹介することで、ペットオーナーがペットホテルを利用するメリットをより具体的に理解することができます。

Googleビジネスプロフィール

Googleビジネスプロフィールとは、自分で運営している店舗をGoogleを通して集客することができるサービス
です。

Googleビジネスプロフィールを活用することで通常の検索とGoogleマップでの検索で、より自分の店舗を
アピールすることができます。

例えば通常のGoogle検索の場合、Googleで自分の店舗名を入れて検索をすると、住所や電話番号、HPのURL
など店舗に関する情報が記載されたボックスが表示されます。

またGoogleマップで検索を行うと、通常検索と同様に店舗に関する情報のボックスに加えて店舗の所在地に赤いピンが立ちます。

赤いピンのおかげで利用客はすぐに店舗の場所を把握することができるので、来店数の増加に直結します。

看板・チラシ

これまでインターネットを活用した方法を紹介してきましたが、アナログでの集客も非常に重要です。

というのもペットホテルは周辺地域の住民が利用することが十分に考えられるからです。

そのため地域の人に向けて広告を発信するために駅前や、人通りの多い場所での看板などは、ペットホテルの
広告に最適です。

インターネットのマーケティングと並行して行うことでより効率的に集客を行うことができます。

ペットホテルの集客の代表的な方法として「webサイト」や「SNS(Twitter・Instagram・Youtube)」、「Googleビジネスプロフィール」「看板・チラシ」の4つがあります。

ペットホテルの年収は?どのぐらい稼げる?

ペットホテル 年収 猫

ペットホテルの運営者の年収は、もちろんどこに出店するのかによって左右されますが、年収2000万円を稼ぐ
こともできるビジネスです。

というのも出張や海外旅行など利用シーンが多岐にわたるため、ペットオーナーがペットホテルを利用する機会が多いからです。

そのためサービス内容の充実性や立地次第では、常に安定した収益が見込めるビジネスです。

また定期的に利用する顧客が増えれば、口コミによってさらなる新規顧客の獲得も見込めます。

また、なかにはペットホテルの店舗を構えずに自宅でペットホテルを運営している人もいます。

その場合、光熱費や家賃を最小限に抑えて運営することができるので、マーケティング次第では高報酬を期待
することができるビジネスと言えるでしょう。

ペットホテルの店舗形態立地サービス内容マーケティング次第で高収入を目指すことができます。

まとめ

犬 チワワ ホテル

ペットホテルは、ペットを連れていくことができない場所へ行かなければならない際に利用できる便利な
サービスです。

これまで紹介してきた通り、田舎への帰省や海外旅行に行く際に重宝されます。

つまりペットホテルを利用するシーンは多く存在するので常に需要があるサービスと言えるでしょう。

そのためサービス内容を充実させたり継続的にマーケティングを行うことでリピート客を増やしたり新規顧客を獲得したりして、より安定的な店舗運営を行うことができます。

ペットブームが盛んな今だからこそ戦略的にマーケティングを行い、より多くのペットオーナーに喜んで
もらえるペットホテルを運営してみませんか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次