トップ > CHARITY

フクシマに野猫の去勢・避妊のためのどうぶつ診療車を!「どうぶつ家族の会」震災チャリティープロジェクト2012

福島の警戒区域内で、野生化した猫達が自然繁殖しています。
猫は犬に比べて繁殖力が高いため、どんどん数が増えていくことが危惧されています。
このままでは人間社会にとって危険な存在と見なされ、駆除・殺処分を免れません。
〝飼い主家族のいない猫〟を増やしてしまうことは、人も、どうぶつも、不幸にします。
一般社団法人 どうぶつ家族の会では、被災地の動物医療を支援する活動の一環として
今年もチャリティーで皆様から寄付金を募り、野猫の去勢・避妊手術を
現地で行うためのどうぶつ診療車を製作することといたしました。
完成後は、当会のコンテナシェルター3基が設置してある
福島県動物救護本部三春シェルター等を拠点に、
ボランティア獣医師らが一丸となって
野猫の去勢・避妊手術をスタートさせたいと考えています。
一日も早い実現のために、皆様のご支援ご協力をお願いいたします。

チャリティー募金にご協力をお願いします

三菱東京UFJ銀行 横浜駅前支店(251)
普通 0318086
一般社団法人 どうぶつ家族の会 代表理事 永田雅彦

どうぶつ家族の会は10月6日(土)駒沢公園で開催される
「2012 動物感謝デー in JAPAN」 に参加します